MENU

看護師の働き方と福利厚生

看護師として働くとき、給料よりも福利厚生を重視する人もいるでしょう。国民皆保険なので、一般の会社員と同様に看護師も健康保険や厚生年金に加入します。パートタイマーや派遣として働く場合も一定要件を満たせば社会保険に加入することになります。その他、一般企業にはあまりみられない「院内保育室」を用意している病院も増えています。

 

不規則な勤務時間で働く看護師にとって、時間通りに保育園に子供を迎えに行くことはできません。院内保育室は至れり尽くせりの福利厚生です。単身者には病院の近くに個室マンションに入居できる制度もあるようです。一昔前までは、看護師同士で寮に入居して寝食を共にすることも珍しくはありませんでしたが、最近は共同生活を嫌う人が多く、これが原因で人材を確保できなくなると懸念した病院側としては、プライバシーに考慮した個室を提供するしかないでしょう。

 

これらは、あくまでも余力のある大きな病院の福利厚生制度で、就職希望者も殺到します。晴れて内定を貰えれば大変ラッキーです。住む場所の提供まではいかなくても、時短勤務を取り入れている病院は意外と多いものです。子供や家族の介護のために離職してしまう看護師が多く、彼らを引き止めるために時短勤務を認める福利厚生制度です。勤務時間が短くなっても正社員の立場は変わらず働けるので安定感があります。時短勤務制度を導入している一般企業もありますが、まだまだ女性の数が多い病院の看護師のほうが取得する比率も高い傾向にあります。