MENU

病院とクリニックの違い

看護師にとって、病院とクリニックのどちらで働くかは就職、転職の際に考える最大ポイントになります。病院とは20床以上の病床がある入院施設を伴った医療機関をいいます。

 

クリニックとは入院施設がない、あるいは20床以下の医療機関をいい、多くは「診療所」や「かかりつけ医」と呼ばれています。病院勤務は華があるように見えがちですが、当直や夜勤をこなさなければならず、患者の容態急変にも対応する必要があります。

 

しかし、多くの臨床経験を積むことができ、高度な技術を取得する機会に恵まれます。他の診療科へ異動になることもあり、さらにキャリアを積むことができます。その反面、大勢の看護師との人間関係に悩む人も少なくありません。

 

異動先の新しい業務に慣れないことや合わないと感じることも全くないとはいえません。一方、クリニック勤務の場合は、休診日に合わせて休むことができます。地域の休日当番医にあたる日は出勤しなければなりませんが、長年通い続ける患者さんとじっくりコミュニケーションをとることができます。

 

休みに関していえば、医師と看護師一人だけのクリニックも沢山あります。万が一、急な都合や体調不良になったときを考えると、看護師は最低3人在籍しているクリニックで働いたほうが無難でしょう。街のクリニックには「透析」を専門におこなっている医院や、代々受け継がれている「産婦人科」が数多くあります。異動がないクリニックで、これらの専門分野だけを担当することも看護師としての専門性に磨きがかかるかもしれません。